イイギリ

 残暑の影を引きずりながらも、周囲の景色は次第に秋の様相に変わりつつある季節となった。
 イイギリの実も赤く色付いてきて、緑の葉とはっきりと区分できるようになった。気温の低下とともにやがて輝くような真っ赤な球に変わっていくだろう。
 去年、僅かだった実も今年はその重さで枝が折れんばかりに垂れ下がっている。

前の記事

秋を迎える

次の記事

カマキリ