晩秋

11月も下旬となりました。この辺りの紅葉の一番良い時は12月上旬というのが例年です。この2,3日20℃以上の最高気温が続いていても、紅葉は相当に進みました。
船橋県民の森の小径の落ち葉を踏むとザクザクと乾いた足音となります。林間にはイロハモミジの紅葉が木漏れ日に輝いています。
江戸時代の名残 牧土手に生えたコナラも黄色くなりましたが、強い風にもかかわらず落葉せずに頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

落実