三番瀬

三番瀬は東京湾の最奥部に位置する東京湾最大の干潟である。東京湾周辺の干潟は高度経済成長とともにその姿を殆ど消した中で貴重な存在である。その「三番瀬」の埋め立て企画が2001年に白紙になった事で、長らく第二湾岸道路の計画も止まった状態になっていたが、2019年より再度、建設に向けた検討が始まったとのことである。社会経済の効率化と自然保護の狭間にあって難しい問題を提起している。
 Go to Travelの事業が始まった連休時にここを訪れてた。多くの家族連れが楽しむ姿が見られたが密の状態ではなかった。環境学習館が開設され最新技術を使って干潟が学べる等になっている。干潟の沖合にはデズニーランドの姿が見られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

青い木の実

次の記事

梅雨明け