東京アラート

東京アラートの基準は、市民の協力を得るためにその基準を分かりやすく具体的に示すことにある。その数値が正確で絶対的なものだとは思わないが、市民が協力するための目安であり、行動の基準であると理解していた。この基準を示しながらこれをオーバーしていても都は何もしないと驚いた。検査数が増えたから感染者が増えたといっているが、初めから検査数の変化が加味された基準を作っておけばよかった。検査数を明らかにできない事情があったのか。
そもそも基準値発表時に東京アラートは基準値を基に総合判断をして出すと説明があったが、これでは分かりやすい具体的な行動基準とは言えなかった。市民はただ都の顔色を窺いながら行動するしかないとは驚いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ベニシジミ

次の記事

梅雨晴間