佐津間城址

鎌ヶ谷市にも、戦国時代の城址が残っている。市街化が進む中で住宅街の中に奇跡のように残っていた。城址の麓に住んでいる地権者の古い邸が解体され再建されると聞いて、裏山の城址の土地も一緒に整備されるのではないかと気にかかり訪れてみた。長い間 放置されて藪の中にある空堀、土塁等の城址はそのまま手付かずで残っていた。これを眺めていると戦国時代の息遣いがをそのまま伝えられているような気がする。城址を残す措置を講じなければ何時姿を消してしまうかわからない。 (2020.04.23.記)
佐津間城址→ http://fusanokuni.cafe.coocan.jp/No.15/satsuma/p5.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

二重川の土手

次の記事

キュウリ