中断道路

快適な片道2車線の道路が突然に中断している。此処から、旧道に出て回り道となる。地権者と役所(独立行政法人)との話し合に時間を要しているためという。道路利用者にとっては残念なことだ。この件に関して有力政治家の秘書と役所の担当者との話し合いが度々なされていたらしい。立件はされなかったので政治家は潔白

が証明されたと強弁している(アマリに酷い)。金銭の授受がなかったにしろ、個別案件で第三者のために有力政治家の秘書が役所の担当者と話し合うという事実自体が問題である。法律上の立件の要件はどうか素人には分からないが、昨今の検事の定年延長のための法改正などと併せ考えるとすっきりしないものが残る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ユウゲショウ

次の記事

自粛規制とゴルフ