ユウゲショウ

初夏を思わせる中の散歩の途中、植木屋さんの庭先に珍しい花木があった。(後で図鑑で調べるとカラタネオガマタと思われる。)足元の道端の隙間にも咲く花がある。小さい濃いピンクの花が何となく人目を引く。ユウゲショウである。(オシロイバナもユウゲショウと呼ばれるが、ではない。)そういえば夜の街の脂粉が漂う雰囲気がしないでもない。韓国ではクラブ営業再開でコロナ感染が再び関心を集めている。気晴らしを求めたいのだろうが、まだまだ油断大敵だろうーと変な方に連想が飛躍する。い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次の記事

中断道路