野馬土手

新緑の季節となりました。この季節特有の空気が五感から伝わってくる。江戸時代の牧の遺構である野馬土手も新緑に包まれている。周りは市街化の進展で野馬土手は其の極く一部を残すのみとなった。同じような新緑であったと思われる江戸時代の人はここで何を想ってどんな生活を送っていたのだろうか,便利な生活器機に取り囲まれた中でフトとそんなことを想ったりする。http://fusankuni.cafe.coocan.jp/o.16/nakanomaki/page5.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

田植

次の記事