春蘭

庭の地植えの春蘭が咲きました。下総地方の林の中に多く自生していたが、近年は花の姿を見ることは少なくなったとか。わらび、エビネは絶滅したと昔からの住人は言っています。昨年の 種子を包んだ古い紡錘形の殻は黒褐色となり茎は葉の上に出て直立していた。触れると極めて小さく埃ように見える種子が風に乗って飛び散った 。繁殖の条件が揃うのは簡単ではないだろうが一 縷 の望みを託した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

芽出し